Oracle Virtual Box

今までWindowsやMacでVMware社の仮想化ソフトを利用していて特に不満はありませんでしたがovftoolを使ってVirtual Boxに仮想マシンを移行しました。

スポンサードリンク

主な手順

手順はここを参考にしています。

1. VMwareの仮想マシンにインストールされているvmware-toolをアンインストールする。

2. VMwareの仮想イメージをOVF形式に変換する。

3. Virtual Boxで読み込む。

移行作業

支援ツールの削除

vmware-toolやGuest Additionsを残したまま仮想マシンを移行すると問題が起こる場合があるらしいので、移行前にアンインストールしておきます。

Windowsはコントロールパネルからアンインストール。

Linuxは管理者権限でスクリプトを実行してアンインストールします。

詳しくはVMwareの公式ウェブサイト(VMware Fusion での VMware Tools のアンインストールと手動インストール (2075276) | VMware KB)に記載があります。

ovftoolで変換

VMwareディレクトリにインストールされているovftool.exeをコマンドライン上で利用して変換します。

Virtual Boxでインポート

File > Import Appliance… > Appliance to import > *.ovf

Virtual Box インポート

仮想マシンの名前が初期設定だとvmになっているのでここを変更してインポートします。

Virtual Box インポートゲージ

インポート完了まで数分待ちます。

起動確認

Virtual Box vm list

移行した仮想マシンを起動して問題がないか確認します。

問題がなければ成功です。

 

 

VMwareからVirtual Boxへ仮想マシンを移行する手順
Tagged on:     

コメントを残す