Mozila Firefoxの壁紙です。

Google Chromeに続いてMozila Firefoxもラピッドリリースの体系になってから、アドオンの対応具合が少々悪くなってきました。

セキュリティ・新機能が搭載されている最新版を使いたい一方で、今まで使っていたアドオンが使えなくなるのも大きな痛手です。

ということで、今回はFirefoxを複数バージョンインストールする方法をまとめておこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

Firefox – ダウンロード

まずは下記のウェブページから自分がインストールしたいバージョンのFirefoxをダウンロードします。

(特別な理由がない場合は、延長サポート対応のESR(Extended Support Release)版の導入をおすすめします)

Firefox保管庫 : Index of /pub/mozilla.org/firefox/releases

サイト先のディレクトリ構造は バージョン > 言語 > win32 > Firefox Setup **.**.exe となっています。

Mozila Firefoxのダウンロード保管庫のスクリーンショットです。

Firefox – インストール

Firefoxのインストーラーをダウンロードしたらセットアップを開始します。

Firefox Mozilaのインストール開始画面です。

すでにインストールされているFirefoxを上書きしないために、セットアップの種類 : カスタムインストールに変更します。

Firefoxのインストール画面のスクリーンショット1です。

インストールの保存先をデフォルト以外の場所に変更します。

ここではC:\Program Files (x86)\Mozila Firefox2\にインストールしています。

Firefoxのインストール画面のスクリーンショット2です。

ショートカットを作成では既存のショートカットへの上書きを防ぐために、デスクトップ / スタートメニューのプログラムフォルダのチェックを外しておきます。

Firefoxのインストール画面のスクリーンショット3です。

そのまま起動すると従来のプロファイルを使用して起動し始まるので、今はチェックを外してインストーラーを終了します。

Firefoxのインストール画面のスクリーンショット4です。

Firefox – プロファイル

複数のFirefoxを分別するために新たなプロファイルを作成します。

Firefox – プロファイル作成

Windowsキー + Rのショートカットキーで「ファイル名を指定子て実行」を起動させ、“firefox -createprofile ***”と入力して実行します。

ここでは***をfirefox2として実行しています。

ファイル名を指定子て実行のスクリーンショットです。

咲ほどの処理で作成したFirefoxのプロファイルが“C:\Users\Users\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\”に保存されていることを確認します。

Firefox – ショートカット編集

新規にプロファイルが作成されたことを確認できたら、先ほどインストールしたFirefoxのショートカットを作成します。

Firefoxのショートカットを作成しているスクリーンショットです。

作成したショートカットを右クリックしてプロパティを開きます。

プロパティのリンク先に半角スペースを入れて”-p *** -no-remote”を追加します。

この記事では***を”firefox2″としています。

Firefoxのショートカット編集のスクリーンショットです。

Firefox – Start

先程までの作業で設定は終了です。

先ほど編集したショートカットからFirefoxを起動させます。

Firefoxの起動したスクリーンショットです。

素のままのFirefoxが起動すれば設定は成功です。

 

この記事と関連のあるサイト

Mozilla Japan — 次世代ブラウザ Firefox とメールソフト Thunderbird

Firefox のダウンロード — 自由な Web ブラウザ — Mozilla

 

Mozila Firefoxを複数バージョンインストールする方法
Tagged on:     

コメントを残す