Snap Crab for Windows

先日メインで使っているデスクトップとサブで使っているLet’snoteの両方をWindows8.1からWindows10にアップグレードしました。

自分が使っているソフトは基本的にWindows10でも問題なく動いているようで、Windows10の環境を楽しんでいたところあるソフトがWindows10に対応していないことに気づきました。

そう、軽快でシンプルなデスクトップキャプチャソフト「Winshot」です。

趣味でブログを書いている身からすると、キャプチャソフトの良し悪しは大きな問題です。

Winshotに変わる代替ソフト「Snap Crab for Windows」という優秀なソフトを見つけてきたので、ここで紹介しようと思います。

 

スポンサードリンク

 

Winshot

Winshotの不具合

Winshotで余白が表示されるバグ(Windows10)

WinshotはWindows10でも問題なく起動してスクリーンショットを撮ることもできます。

問題はスクリーンショットの左右に余白が表示されてしまうことです。

致命的なバグではないにせよ、スクリーンショットに余白が表示されるというのは、あまり気持ちの良いものではありません。

 

Winshotの作者

winshot作者の公式web

winshot作者のWeb / WoodyBells

そこでWinshotがWindows10に対応したアップデート版が公開されているのか、対応予定はあるのか作者であるWoodyBells氏のWebページを訪問してみました。

現在はプログラミングとは全く無縁の生活をしていて、なんか申し訳ないです。。。今後もページは維持していきますが、ソフト更新の予定はありません。。。すみません。。。(2014/12/25)

あれほど軽快で便利なWinshotの作者が日本人プログラマーだったとは驚きました。

Winshotの最終更新日は「2007年10月20日」、WoodyBells氏は2014年時点でソフトのアップデート予定はないと明言されています。

Winshotのバグ修正は見込めないということで新たにWinshotの代替となるソフトウェアを探してみました。

 

Snap Crab for Windows

Fenrir社のキャプチャソフト

Snap Crab for Windows 公式Web
SnapCrab for Windows – マウスひとつで、即キャプチャ。

5年ほどWinshotを愛用していたので全然気づきませんでしたが、優秀なデスクトップキャプチャソフトがありました。

大阪に本社を置き国産ブラウザ(Sleipnir)を開発していることで有名な、Fenrir社のデスクトップキャプチャソフト「SnapCrab for Windows」です。

 

ウインドウキャプチャ、デスクトップキャプチャ、指定範囲キャプチャ機能を備え、各機能はホットキーに対応、自身でホットキーを自由にカスタマイズすることも可能です。

また、キャプチャの保存先やファイル名、画像形式、マウスカーソルの有無、ウインドウの影の有無なども環境設定で変更可能です。

その他ソーシャルネットワークへの共有機能やスポイト機能などのおまけ機能も実装されています。

 

動作も軽快でWinshotの代替ソフトとして十分使える優秀なソフトだと思います。

Windows10にアップデートしてWinshotの代替ソフトを探している方は、「Snap Crab for Windows」を導入してみてはいかがでしょうか?

 

「Snap Crab」 Windows10対応のキャプチャソフト
Tagged on:

コメントを残す