Canonロゴ
http://web.canon.jp/technology/cmn/img/og-image.png

以前から気になっていたデジタル一眼レフカメラを遂に買ってきました。

購入した機種はCanonのEOS Kiss X7です。

これで私もデジイチデビューです!

スポンサードリンク

撮影用途

大阪城の号砲

デジイチを購入して何を撮るか。

色々なものを撮ってみようとは思っているんですが、まずはお城や史跡、航空機、風景辺りを撮ってみたいなと考えてます。

あとは、今後もブログを更新する予定なので、ブログに載せる画像をデジイチで撮っていこうと思います。

機種選び

新しいことを始める際の楽しみの一つ、機種選びです。

CanonかNikonか

一眼レフのレンズは基本的に他社のレンズと互換性がないらしく、CanonのレンズはCanonのボディーに、NikonのレンズはNikonのボディーにしか装着できません。

一眼レフはレンズが結構重要らしく、レンズの互換性もないとうことなので、デジイチを始める前に、業界2大巨頭のCanonかNikonのどちらかを選ぶことになります。

予算はボディーとレンズで10万円までと決めていたので、そこまで選べる選択肢は多くなく、CanonとNikon両方のエントリーモデルを見比べてみるも初心者に細かな違いなんて分かるはずもなく、結局メーカーで選ぶことにしました。

 

写真写りの良いCanonと丈夫なNikonなど会社ごとに特徴があるようですが、そこまで気にする程ではないようです。

Canonは、ブランド名が響きも良く綴りも格好いいと思います。ぱっと聞いた感じはカノン砲(Cannon)を連想するので強そうですし、綴りもシンプルでとても好きです。Youtubeでもよく目にするカメラで、業界No1のメーカーという印象が強いです。

Nikonは、旧日本軍に光学機器を納品し戦艦大和にも搭載された過去や三菱グループに属しているという点に惹かれます。あと会社名が旧会社名の日本光学工業の面影を残していて日本らしさが残っているのも好きです。

ブランド的にはどちらも好イメージだったので、始めはニコン寄りで検討してました。

ですがここ数年、Nikonは業績を落としていてデジイチのシェアも低下しているようなので、今後のことも考慮して最後はCanonのエントリーモデル「EOS Kiss X7」に決めました。

購入物一覧

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ本題です。

Canon EOS Kiss X7 とアクセサリー

今回購入したのはこれが全てです。






 

Canon EOS Kiss X7 ボディー 39,658
Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM 14,528
Transcend SDHCカード 32GB Class10 2,700
Kenko レンズフィルター MCプロテクタ NEO 49mm 1,109
Kenko 液晶保護フィルム Canon EOS Kiss X7用 782
HAKUBA カメラバッグ プラスシェル シティ03 3,849
62,626

Canon EOS Kiss X7

Canon EOS Kiss X7の内容物

色々調べてみると、レンズキットの購入を薦めている人とボディー単品と別途レンズの購入を薦めている人の2パターンあるようで、今回は思い切っボディー単品と評判の良い50mm単焦点レンズを購入しました。

Canon EOS Kiss X7 大きさ比較

大きさ比較のために腕時計と並べてみました。

デジイチというと大きなイメージがありますが、EOS Kiss X7はとてもコンパクトで持ち運びに便利そうです。

Canon EOS Kiss X7 ボディー背面

デジイチというとボタンが凄く多い印象でしたが、本機はそこまで多くなくて扱いやすい印象です。

Canon EOS Kiss X7 ボディー上面

Canon EF50mm F1.8 STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 その1

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 その2

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 その3

EOS Kiss X7 + EF50mm STM

Canon EOS KIss X7 と EF50mm F1.8 STM

やっぱりデジイチは格好いいですね、惚れ惚れします。

レンズを付けると印象がガラリと変わるのも楽しいです。

Canonのストラップの赤いラインもワンポイントになっていて見栄えがよくて好きです。

これからカメラの基礎を覚えてどんどん色々なものを撮って見ようと思います。

 

【デジイチ】 Canon EOS Kiss X7を購入
Tagged on:

コメントを残す