Apple Lightning Cable

先日、出先でiPhoneのLightningケーブルを失くしてしまったので、家族にiPhoneのケーブルが余ってないか聞いたところ、弟も最近ケーブルを壊してしまって買い替えたということが発覚しました。

「iPhoneのケーブルを買い換える?」

(? ? ?)

どういうことか聞いてみるとiPhoneのLightningケーブルが断線してしまったようです。

iPhoneのLightningケーブル/30pinドックコネクタともに耐久性がないのは明らかで、大事に使ってないとすぐに壊れてしまいます。

そういう私もiPhone4Sの時に1回 iPhone5Sの時に1回の計2回ほど、iPhoneのLightningケーブルの皮膜が破れてしまったことがあります。

乱暴に使ってたわけでもないのに皮膜が破れるってどうなってるんだ?と思ってアップルに問い合わせたところ、保証期間内ならばケーブルの無料交換も行ってもらえるということを教えてもらいました。

そう、保証期間内であればiPhoneのLightningケーブルは無料交換してもらえるのです!

基本的に、Appleの壊れやすいLightningケーブルをわざわざお金を払って買い換える必要なんてないんですね。

ということで、今回Lightningケーブルの交換をネットで手続きしてきたので記録しておこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

Apple公式ウェブページで手続き

まずは、Appleの公式ホームページに行きましょう。

アップル – サポート – サービスとサポート期間を確認する

iPhoneが保証期間内か調べる

飛んだ先のページでお手持ちのiPhoneが保証期間内かどうか調べます。

iPhone 保証期間 調べる

ここではiPhoneの識別コードとなるシリアル番号を入力して調べます。

iPhoneのシリアル番号はiPhone内の設定から確認できます。

【設定】→【一般】→【情報】→【シリアル番号】

iPhone サポート期間と保証状況

シリアル番号が正しく入力されれば、上のように【お客様の保証状況とサポート期間】というページが表示されます。

このiPhone6は【電話サポート期間】は終了しているものの、【修理及び修理サービスの保証範囲:有効】というのが確認できます。

表示されたお使いの製品の情報に誤りがあると思われる場合は、オンラインで購入証明書を提出できます。レシートはApple 製品 1 年限定保証、AppleCare Protection Plan、および AppleCare+ の保証確認時に必要になるため大切に保管しておいてください。Apple 製品 1 年限定保証では、保証期間は製品登録の有無にかかわらず一定です。

それではここで【修理の申し込み】をクリックして無料交換の依頼手続きを進めます。

 

Lightningケーブル無料交換の手続き

【修理の申し込み】をクリックする【iPhoneについてどのような問題がありますか。】という画面に移ります。

Apple サポートへお問い合せ

ここから【サービスリクエスト】→【イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換】→【いいえ、続ける】と進みます。

すると【どのサポート方法をご希望ですか。】というページに飛ばされます。

Apple 配送修理 依頼

ここでは【配送修理】→【ケーブル】→【Lightningケーブル】と進めていきます。

その後は、今回の件の利用規約についての同意が求められます。

アップルサポート 利用規約

【保証状況】

保証期間内であっても故意に破損させた場合は保証対象外になりますということです。

故意の破損と断定された場合の処置について選ぶことができます。

修理をしないで送った状態のまま返送してもらうか、有償修理をしてもらうか。

各自都合の良い方を選択してもらえれば良いと思います。

 

【未返却料】

今回の手続きは無料交換になるため、故障したLightningケーブルをAppleに発送する必要があります。

新しいLightningケーブルが届いた時に、運送業者さんに故障したLightningケーブルを引き取ってもらう手はずになっています。

引き取ってもらわなかった場合の未返却料についての同意が求められます。

クリックして同意します。

 

あとは、配達先の住所と有償修理・未返却の場合に支払い方法を入力します。

Apple サポート 住所

住所・支払い方法の選択ののち【見積および支払いの詳細】という項目が表示されます。

【事前承認金額】とあるとおり耐久性の問題で故障した、故意の破損でない場合には支払われることはないお金になります。

ちょっと不安に思うかもしれませんが、こういうものなので確認だけ済みましたら、【修理サービスリクエストを送信】を決定します。

見積もり及び支払いの詳細

(もう少し具体的に記述しますと、リクエスト送信後に一度上の額面の金額がクレジット口座から引き落とされます。何事もなければそのお金は後に返金されるようになっています。)

(どうもこの保証サービスを悪用したトラブルとかがあったのが原因みたいです。)

 

【修理サービスリクエスト】を送信すると無料交換に関する手続きは完了します。

無料交換 手続完了

手続依頼お疲れ様でした。

 

冒頭の通り、私はiPhone4Sを使っていた2,3年前にAppleの方から教えてもらって以来、AppleのLightningケーブルは消耗品だと割りきって使っています。

中途半端に丁寧に扱っても製品自体の耐久性が低いので、2年も持たないと思ったからです。

そういうことなら、気楽に1年未満で使い潰して残り1年を大事に使うようにしています。

大事に使って1年ちょっとで壊れて自腹で買い替えは御免被りたいですからね。

Appleのケーブルは価格がお高めですし、無料交換があるとは言え面倒には代わりありませんので、Appleはもう少しケーブルの耐久度をUPしてほしいところですね。

 

保証期間内のiPhone Lightningケーブルを無料交換する方法
Tagged on:     

コメントを残す