Google検索英語版のスクリーンショットです。

検索エンジンといえばGoogleですよね。

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

なんて豪語できるのもGoogleくらいでしょう。

世界中の情報を整理するということで、Googleは日本語圏の情報だけでなく、英語圏などの海外の情報も収集・整理してくれています。

今回は英語版Googleでウェブ検索をする方法をまとめてみようと思います。

 

スポンサードリンク

 

Google.comは言語環境に依存

グローバル企業のウェブサービスなら.comドメインでアクセスするだけじゃない?

と思うところですが、ところがどっこい。

google.comにアクセしてもクライアントの言語環境が日本語の場合は、日本語版のGoogle検索にリダイレクト(自動誘導)されます。

Google.comにアクセス → リダイレクト → Google.co.jpを表示

英語版Googleにアクセス

普通にアクセスしても英語表記にできませんでしたが、URLを調整することで英語圏の情報を検索できます。

頻繁に使う予定がある方はリンク先をブックマークしておくと便利かと思います。

日本語版グーグル(英語表記)

google.co.jpに 言語=英語(hl=en) プライベート検索=無効(pws=0)

に調整した日本語版グーグル(英語表記)です。

日本版グーグル(英語表記)のリンク / https://www.google.co.jp/webhp?hl=en&pws=0

Google.co.jp英語表記のスクリーンショットです。

Googleロゴの下に英語でJapanと書かれているのが確認できるかと思います。

米国版グーグル(英語表記)

google.comに 国家=米国(gl=us) 言語=英語(hl=en) 日本版グーグルへのリダイレクト無効(gws_rd=cr) プライベート検索=無効(pws=0)

に調整した英語表記の米国版グーグルです。

本家グーグルとでもいいましょうか。

米国版グーグル(英語表記)のリンク / https://www.google.com/webhp?gl=us&hl=en&gws_rd=cr&pws=0

米国版グーグル(英語表記)のスクリーンショットです。

日本語版グーグル(英語表記)と違いグーグルロゴの下に国籍の記載がありません。

これはGoogleが米国籍の企業でありGoogle.comが本家グーグルであるためだと思います。

英国版Google(英語表記)

https://www.google.co.uk/ に 言語=英語(hl=en) プライベート検索=無効(pws=0)

に調整したイギリス版のGoogle(英語表記)です。

英国版のGoogle / https://www.google.co.uk/webhp?hl=en&pws=0

英国(イギリス)版Google(英語表記)のスクリーンショットです。

グーグルロゴの下にUnited KingdomのUKが付いています。

 

英語(アメリカ – イギリス)のGoogleでウェブ検索をする方法
Tagged on:

コメントを残す