REALVNC公式ウェブ

RaspbianにリモートデスクトップアプリのVNC(Virtual Network Computing)をインストールしてUbutuからGUIで操作できるように設定します。

 

 

環境

Desktop (Ubuntu 16.04)

Raspberry Pi3 Model B (Raspbian)

Raspberry Pi側の設定

Raspbianにvnc-serverのインストール

Raspbianをアップデートした後、vnc-serverをインストールする。

vnc-serverの有効化

Raspberry Piを起動した際にvnc-serverが自動起動するように設定します。

Raspberry Pi3 Preference

Menu > Preferences > Raspberry Pi Configuration > Interfaces から VNCを有効化する。

Raspberry Pi Configuration

Raspberry PiのIPアドレスを確認

vnc-serverをインストールするとタスクバーにVNCアイコンが表示されるので、VNCをクリックしてIPアドレスをメモしておきます。

普通にip address showやifconfigでもOK

IPアドレスがコロコロ変わると面倒なのでIPアドレスを固定化しておくと楽です。

今回はモデムの機能でMACアドレス指定でIPを固定化しました。

Ubuntu側の設定

VNC Viewerのインストール

vncのクライアントアプリをインストールする。

公式ウェブからでもダウンロードできるようです。

Download VNC Connect | RealVNC

VNC Viewerのダウンロード

VNC Viwerの設定

VNC Viewerを起動して、File > New Connection > IP Address にRaspberry PiのIPアドレスを入力する。

VNC Viewerの新規接続

初回接続時にはユーザ名とパスワードを聞かれるので、Raspberry Piのユーザ名とパスワードを入力して認証します。

Raspbianの初期ユーザ名はpi、初期パスワードはraspberryです。

確認

問題なく認証が完了すると、Raspberry Piのデスクトップにリモートアクセスできます。

VNC ViewerでRaspberry Piに接続

LAN経由の接続でも多少のラグはありますが、操作する分には支障はなさそうです。

Rasbperry Pi用のモニターやキーボードを用意しなくていいので大変便利です。

参考

Docs | VNC Connect and Raspberry Pi | RealVNC

【Raspberry Pi】RaspbianにVNCをインストール・設定する
Tagged on:

コメントを残す