My Raspberry Pi3 Model B

Raspberry Pi で Dropbox にファイルをアップロードする Dropbox Uploader というスクリプトの設定に関する覚え書きです。

 

 

ダウンロード

まず GitHub から Dropbox Uploader をダウンロードします。

ここでは必要なスクリプトファイルだけダウンロードしてスクリプトを実行できるように実行権限を与えます。

andreafabrizi/Dropbox-Uploader: Dropbox Uploader is a BASH script which can be used to upload, download, list or delete files from Dropbox, an online file sharing, synchronization and backup service.

設定

スクリプト Dropbox Uploader を実行して初回の設定を行います。

Dropbox Uploader のウィザードに従って Dropbox のアクセストークンを Dropbox の公式ウェブから取得して登録します。

App Console – Dropbox

使い方

Dropbox Uploader の使い方についてです。

アップロード

Dropbox Uploader で Dropbox にアップロードするには スクリプト名 upload ローカルファイルのパス Dropboxのパス で実行します。

cronで実行

Dropbox Uploader を cron などに登録して自動実行させる場合には -f オプションを使って Dropbox Uploader の設定ファイルを指定して実行します。

アクセストークンを保存した設定ファイルがユーザのホームディレクトリにあるので、 root ユーザなど別ユーザーで実行する場合には注意です。

マニュアルを見ると Dropbox Uploader という名前のスクリプトですがダウンロードや削除などにも対応しているようです。

 

参考リンク

andreafabrizi/Dropbox-Uploader: Dropbox Uploader is a BASH script which can be used to upload, download, list or delete files from Dropbox, an online file sharing, synchronization and backup service.

【Raspberry Pi】Dropbox Uploader のインストール
Tagged on:     

コメントを残す