Linux Letter Logo

Linux(Ubuntu)では自動でSDカードなどのデバイスをマウントしないため、SDカードをマウントする方法について記します。

デバイスの接続

まず、PCにデバイスを挿入します。

今回は、TranscendのUSBリーダーにSandisk製のSDカード(16GB/Fat32)を挿入しました。

デバイス名の確認

次に、dmesgコマンドでSDカードのデバイス名を確認します。

# dmseg
[ 2424.169486] usb 1-1.2: new high-speed USB device number 7 using ehci_hcd
[ 2424.266445] scsi10 : usb-storage 1-1.2:1.0
[ 2425.267199] scsi 10:0:0:0: Direct-Access     TS-RDF5  SD  Transcend    TS37 PQ: 0 ANSI: 6
[ 2425.268586] sd 10:0:0:0: Attached scsi generic sg1 type 0
[ 2425.555062] sd 10:0:0:0: [sdb] 31116288 512-byte logical blocks: (15.9 GB/14.8 GiB)
[ 2425.556419] sd 10:0:0:0: [sdb] Write Protect is off
[ 2425.556427] sd 10:0:0:0: [sdb] Mode Sense: 23 00 00 00
[ 2425.557660] sd 10:0:0:0: [sdb] Write cache: disabled, read cache: enabled, doesn't support DPO or FUA
[ 2425.563653]  sdb: sdb1
[ 2425.567517] sd 10:0:0:0: [sdb] Attached SCSI removable disk

dmesgコマンドの表示の終わりの方に接続したデバイスに関する記述がないか探します。

ここではUSBデバイスとしてTranscendのUSBカードリーダーが”sdb”として認識されていることが分かります。

デバイスのマウント

最後に、mountコマンドでデバイスをマウントします。

# mkdir /mnt/sdb1
# mount /t vfat /dev/sdb1 /mnt/sdb1

マウントの前にmkdirコマンドでsdb1用のフォルダを作成しています。

マウントの確認

実際にマウントされたのか、dfコマンドを使って確認します。

# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda8        29G  9.4G   18G  35% /
udev            1.9G   12K  1.9G   1% /dev
tmpfs           390M  852K  389M   1% /run
none            5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
none            2.0G  176K  2.0G   1% /run/shm
/dev/sdb1        15G  112K   15G   1% /mnt/usb-sd

無事システムが認識したことが確認できました。

アンマウント

デバイスを取り外す際には、umountコマンドでアンマウントします。

# umount /mnt/sdb1

アンマウントの確認

マウントの際と同様に、dfコマンドで確認してみます。

# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda8        29G  9.4G   18G  35% /
udev            1.9G   12K  1.9G   1% /dev
tmpfs           390M  852K  389M   1% /run
none            5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
none            2.0G  176K  2.0G   1% /run/shm

アンマウントの成功が確認できました。

 

【Linux】SDカードを認識・マウントする方法
Tagged on:     

コメントを残す