Raspberry Pi / Raspbian でデフォルトユーザ pi のユーザ名を変更する方法についての覚え書きです。

 

 

手順

SSHのセキュリティなどを考えてユーザ名もデフォルトの pi から変更します。

ユーザ pi を削除してユーザを新規作成することもできますが、ホームディレクトリのファイルや各種設定の整合性などを考慮してリネームします。

流れとしては、ユーザ pi で仮ユーザを新規作成、仮ユーザでユーザ pi のりネームを実行、最後に仮ユーを削除します。

表示をCUIに変更

まず、Raspberry Piの設定を開きブート時にCUIで起動するようにブートオプションを変更して再起動します。

設定が上手く反映されると再起動後に白黒のCUI画面が表示されます。

仮ユーザの新規作成

ユーザ pi をリネームするには別ユーザから usermod を実行する必要があるので作業用の仮ユーザを新規に作成します。

リネームには管理者権限が必要になるので sudo グループに追加し合わせてパスワードも設定します。

仮ユーザの新規作成が完了したらユーザ pi からログアウトします。

ユーザ名のリネーム

仮ユーザ temp にログインしてユーザ名 pi を変更します。

ちなみに、ブート時の表示をCUIに変更せずにリネームしようとすると systemd を実行している関係で上手く変更できません。

この systemd を安易に強制終了したら惨事になったので注意です。

仮ユーザの削除

最後に不要になった仮ユーザを削除します。

ここでリネームしたユーザでログインできるかの確認もしておきます。

GUIが必要な場合は raspi-config を開いて同じ要領でブートオプションを変更して再起動します。

少し手間がかかりますが上手く行きました。

参考

ユーザーネームの変更 – ArchWiki

【Raspberry Pi】Raspbianでユーザ名 pi の変更方法
Tagged on:     

コメントを残す