Windows 10 IoT

Raspberry Pi3にMicrosoftのWindows 10 IoT Coreをインストールしたので、次はWindows 10 IoT CoreにUWPのWebサーバをサンプルとしてインストールしてみます。

Raspberry Pi3にWindows 10 IoTをインストールする | 積水成淵日記

手順はMicrosoftを参考にしています。

 

スポンサードリンク

 

Windows 10のアップデート

母艦として利用するWindows 10のアップデートを実行します。

2016年11月のアップデートが必要と書かれているので、最新のバージョンを保っていれば問題なしです。

Windows 10の開発者モードを有効

Windows 10の設定から開発者モードを有効にします。

開発者モードとDevice Portal

Visual Studioのインストール

アプリを開発するための環境としてVisual Studioをインストールします。

Visual Studioのアップデート3が適用されている必要があるので、古いバージョンを利用している場合はアップデートします。

Visual Studio Community – Visual Studio

Visual Studio Web

Node.jsのインストール

Node.jsをインストールします。

Releases · ms-iot/ntvsiot

Node.js Tool for UWP Apps

アプリ開発

新規プロジェクト > インストール済み > JavaScript > Node.js > Basic Node.js Web Server (Universal Windows)を選択してプロジェクトを作成します。

該当する項目がない場合はNode.jsのインストールで失敗している可能性があるので確認してください。

Visual Studio Project Basic Node.js

プロジェクトが作成されます。

プロジェクト画面

Visual Studioのメニューから、プロジェクト > プロパティを選択します。

プロジェクト > プロパティ” width=”1086″ height=”884″ class=”aligncenter size-full wp-image-10709″></a></p>
<p>プラットフォームをARMに変更し、Remote MachineにRaspberry PiのIPアドレスを入力します。</p>
<p>Raspberry PiのIPアドレスはWindow 10 IoTのホーム画面で確認できます。</p>
<p><a href=Node.js Web Server Properies

F5でデバッグを開始します。

Visual Studioの状態がReadyになったのを確認して、「IPアドレス:ポート番号」をウェブブラウザに入力します。

ポート番号はプロジェクト生成時に作成されたコードに記述されています。

Web Server Sample

サンプルページが表示されれば完了です。

 

 

Windows 10 IoT CoreにWebサーバをインストールする
Tagged on:         

コメントを残す