Ubuntu 16.04 LTS Desktop 壁紙

manページは出来る限り原文の英語版を読みたいところですが、日本語のmanページが読みたいときもあります。

そこでLinux/Ubuntuで基本は英語のmanページを表示し、必要に応じて日本語のmanページを見れるように設定してみます。

 

スポンサードリンク

 

設定

設定例です。

せって内容はコメントの通りです。

変更する際に利用可能な値の確認し、環境変数LANGを日本語から英語に変更します。

また、日本語で表示する際のコマンドオプションが面倒なため、エイリアスの設定も一緒に行っています。

エイリアスの設定はここでは~/.bashrcに記述しています。

 

使い方

オプションなしで英語のmanページが、Lオプションを利用すると日本語でmanページが表示されます。

Lオプションの指定が面倒ですがエイリアスを設定すると使い勝手が良くなるかと思います。

 

 

【Linux】manコマンドの表示を英語と日本語で使い分ける設定
Tagged on:     

コメントを残す