Ubuntu 16.04 LTS Desktop 壁紙

デスクトップのUbuntuでファイルサーバソフトのsambaや録画サーバソフトのchinachuなどを実行しているので、プライベートIPを固定化できると便利だと思い設定してみた。

目的

スマートフォンや他のPCもネットワークに接続するため、基本的にはDHCPでIPアドレスを配布する。

デスクトップのみ静的なIPアドレスを設定する。

環境

DHCPでデスクトップに割り当てられたIPアドレスとその他情報は下の通り。

ゲートウェイはコマンドの結果通り192.168.3.1なので、デスクトップを192.168.3.2に設定したいところだが、192.168.3.2のアドレスはルータに割り振られている様子。

そのため、デスクトップには192.168.3.3を設定する。

ちなみに、192.168.3.1のゲートウェイはモデムのようです。

Ubuntuによる設定(失敗)

結論から言うとこの方法では上手くネットワークに接続できなかった。

調べてみると、XperiaにDHCPが今回デスクトップに割り振りたい192.168.3.3を割り振っていて、IPアドレスの重複が起こっていた。

 

モデム側での設定(成功)

Ubuntu側で静的なIPアドレスを設定する方法は上手くイカなかったので、モデムの固定IP機能を利用してみる。

モデムのセットアップメニュー

モデムの詳細機能を開いて、MACアドレスを指定して固定IPアドレスを設定する。

セットアップメニューから再起動ボタンを押してモデムを再起動、60秒後に再起動が終わって設定完了。

デスクトップも再起動してインターネット接続を試してみると無事接続できました。

終わりに

実際に試してないが、DHCPを一切利用していない環境ではUbuntu側で静的なIPアドレスを設定すれば大丈夫だと思う。

今回のように、DHCPと固定IPアドレスが混在するような環境では、モデムの固定IP機能を利用すると上手くいくようなので覚えておく。

 


 

【Linux】Ubuntuを固定プライベートIPアドレスに設定する
Tagged on:     

コメントを残す