LINE公式サイト

スマートフォンの普及とともにAmazonやRakutenを始めとしたインターネット通販もかなり普及して、多くの人がネットショッピングで買い物をする機会が増えたかと思います。

自分もよくインターネット通販を利用するのですが、自室が2階のためインターホンが聞こえづらくずっと困っていました。

無線で通信するインターホンも売っているようですが、備え付けのインターホンのボタンが流量できなかったり、また買い換えるとそこそこな出費になってしまうので悩みどころ。

それで最近、良い解決方法を思いついて実際に実践してみると意外と使えたので記事にしてみようと思います。

 

 

必要なもの

必要なものはスマートフォン2台です。

現役で使っているスマートフォンと2年落ちのスマートフォンでもいいですし、タブレットPCでも代用できると思います。

あとは2台のスマートフォンに無料通話アプリをインストールして、互いに通話ができるようにアカウントを2つ作成します。

LINEでも無料アカウントが簡単に作れますし、LINE以外にも無料通話アプリはいくつもあるので好きなものを用意します。

解決方法

方法は至って簡単で、1台のスマートフォンをインターホンのスピーカーのすぐそばに置いて、手元のスマートフォンとLINEなどの無料通話アプリで通話状態にしておくだけです。

手元の通話アプリの音声出力をスピーカーにしておけば、配送員の方がみえてインターホンを鳴らせば、インターホンのすぐそばにおいてあるスマートフォンが音を拾って、2階や自室でインターホンのベルが聞き取れるという寸法です。

2階や自室でインターホンが聞こえない場合の図

自室で音楽をかけていたり作業をしていても、最悪音量を最大にして音声出力をスピーカーモードにしておけば、うるさいくらいの音量はでるので意外と使えると思います。

常時通話状態にしておくと、こちら側の音も拾ってインターホンのそばに置いてあるスマートホンで流れますが、LINEでいえば手元のスマホでマイクをミュートにして無効化しておけば聞き専にすることもできます。

自宅の話なのでWIFIに接続しておけば常時通話状態でもパケット使用量はかかりません。

 

不便な点があるといえばこの状態では他の人とLINEなどで通話ができないということですが、これはやむなしかと。

思ったより使えそうなので、困っている人の参考になれば幸いです。

 

LINE
LINE
Developer:
Price: Free+

 


 

2階や自室でインターホンが聞こえない時のお手軽な対処方法
Tagged on:

コメントを残す