Ubuntu 16.04 LTS Desktop 壁紙

UbuntuでNTFSフォーマットのストレージをマウントすると、ファイルの所有者や権限が変更できなくて困ったので、状況や解決方法について残しておく。

 

 

問題

冒頭の通り、NTFSフォーマットのストレージに保存しているファイルやフォルダで所有者や権限が変更できない。

ざっとファイルを見ると、全てのファイルが所有者root、アクセス権限は全て許可という風になっている。

家族PCや社用PCではないのでこの状態でも特に問題はないが、lsコマンドの結果が非常に見づらいので解決方法を調べてみた。

UbuntuでNTFSをマウント

環境

マウント設定はこの通り。

最下段のUUID=844C3B0A4C3AF690〜というのが、所有者や権限を変更できない問題のデバイス。

解決策

Ask Ubuntu[permissions – How do I use ‘chmod’ on an NTFS (or FAT32) partition? – Ask Ubuntu]で同じような問題で困っている人を確認。

読んで見ると、フォーマットタイプをntfs-3gにして、オプションにpermisionsを設定すると上手く行くらしい。

デバイスをアンマウント後、設定を変更して、もう一度マウントする。

確認

設定変更後に、chownやchmodコマンドでファイルの所有者や権限を変更してみると、下のように正常にコマンドの結果が反映されるようになった。

ファイルの権限が全て許可というのはやはりモヤモヤするものがあったので、マウントオプションを変更するだけで正常に使えるようになったのは良かった。

 


 

【Linux】UbuntuでNTFS形式のファイルで所有者や権限が変更する方法
Tagged on:     

コメントを残す