Ubuntu 16.04 LTS Desktop 壁紙

sshでリモート接続する際に「WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!」というエラーメッセージが表示される際の対処法についてメモしておく。

 

 

環境

Desktop (Ubuntu 16.04 LTS)

Raspberry Pi3 Model B (Raspbian)

エラーメッセージ

sshでRaspberry Piにログインする際に下のようなエラーメッセージが表示された。

原因

リモートホストが変更されてRSAキーが一致しないので、中間者攻撃などの被害を防ぐために警告してくれている様子。

確かに以前は192.168.3.4のXperiaにsshで接続していたので納得。

解決

前回と違うリモートホストに接続するので問題ないので、RSAキーを更新してSSHでログインする。

参考

SSH接続エラー回避方法:.ssh/known_hostsから特定のホストを削除する/削除しないで対処する3つの方法 – Qiita

【Linux】SSHエラー「WARNING: REMOTE HOST…」の解決
Tagged on:     

コメントを残す