Ubuntu 16.04 LTS Desktop 壁紙

UbuntuでCPU温度や電圧、ファンの回転数を表示する方法についての覚え書き。

 

 

環境

Desktop (Ubuntu 16.04)

方法1: sysfs

標準の環境でも確認できるお手軽な方法。

方法2: lm-sensors

lm-sensorsコマンドを利用すると詳細な情報を取得できる。

sensors-detectは基本的にエンターキーを押して標準の設定で適用していく。

ただし、/etc/modules に自動で追記しますかと尋ねられる際は yes を入力して追記してもらう。

また、etc/init.d/kmod start を実行しするようにいわれるのでそのとおりに実行する。

設定を完了した後、sensorsコマンドを実行するとコア別にCPU温度を取得することができる。

設定変更

sensorsコマンドは本来、マザーボードの電圧や温度、ファンの回転数なども取得できる。

同じような問題に関する質問と回答を見つけたのでそちらを参考に設定を変更する。

14.04 – Can’t get the right CPUcore temperature (Acpi chip) – Ask Ubuntu

設定を変更、再起動後にsensorsコマンドを実行すると前回よりも多くの情報を取得できた。

 

【Linux】UbuntuでCPU温度や電圧、ファンの回転数を表示する
Tagged on:     

コメントを残す