Windows 10 IoT

Raspberry Pi3 Model BにMicrosoftのIoT向けOS、Windows 10 IoT Coreをインストールしてみます。

スポンサードリンク

インストール

MicrosoftのWindows 10 IoT Coreのウェブページから「Windows 10 IoT Core Dashboard」をダウンロードします。

Downloads | Windows 10 IoT Core for Raspberry Pi 2 / 3 | IoT Core Dashboard | Windows IoT

ダッシュボードのセットアップメニューに従って、Windows 10 IoT Coreをダウンロード・インストールします。

Windows 10 IoT Dashboard

インストールが終わると案内が表示されるので、Raspberry Pi3にSDカードとイーサネットケーブルを接続して起動します。

Windows IoT Dashboard

Windowsでおなじみの起動画面が表示された後、Windows IoTのデフォルト画面が表示されます。

Windows 10 IoT デフォルト画面

Windows 10 IoT Core向けのチュートリアルがいくつか用意されています。

Windows 10 IoT チュートリアル

Device Portal

Microsoftのサイトを参考にDevice Portalを用いてWindows 10 IoT Coreデバイスを管理画面にログインします。

Windows Device Portal – Windows IoT | Microsoft Docs

Windows Device Portal の概要 – UWP app developer | Microsoft Docs

まずWindowsの設定でDevice Portalをオンにします。

開発者モードとDevice Portal

My DevicesからDevice Portalを開きます。

Windows IoT Dashboard My Devices

認証画面が表示されるので、ユーザ名は「Administrator」、パスワードはWindows 10 IoT Coreをインストールする際に設定したパスワードを入力してDevice Portalにログインします。

Windows Device Portal

アプリの管理やファイルエクスプローラーも可能です。

Windows Device Portal アプリマネージャ

プロセスやパフォーマンスの確認もできます。

Windows Device Portal Performance

 

 

Raspberry Pi3にWindows 10 IoT Coreをインストールする
Tagged on:     

コメントを残す